제목   |  [10/26](社会)犯罪者の家庭環境にみられた3つの特徴!2つの貧困とベストな環境とは 작성일   |  2021-10-18 조회수   |  201

 

犯罪者の家庭環境にみられた3つの特徴!2つの貧困とベストな環境とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

殺人・脅迫・万引き・ひき逃げなどテレビでは毎日犯罪に関するニュースが絶えません。

なぜ犯罪は起こってしまうのでしょうか。もちろん犯罪者となる人の人格にも問題がありますが、その人格を幼少期から形成する家庭環境は犯罪行為に対して強い因果関係があると言われています。

そこで今回は、犯罪者の家庭環境で見られる4つの特徴と最良の家庭環境について紹介していきます。

 

犯罪者の家庭環境でみられた2つの貧困

犯罪者が過ごしていた家庭環境は大きく分けて2つの貧困、「経済的貧困」「教育的貧困」だったというデータがあります。

それぞれの貧困について説明していきます。

経済的貧困

経済的貧困は文字通り、生活が経済的に苦しかった家庭のことを示します。生活の苦しさなどから親子のコミュニケーションが極端に少なく「子どもの頃は孤独だったイメージが強い」と話す犯罪者も多くいます。

また、家が貧しいことで学校でいじめなどにあい、貧困がコンプレックスとなるケースも見られます。

教育的貧困

親の無関心やしつけ教育の不足により、物事の良し悪しが理解できず犯罪を繰り返してしまう環境を示す、教育的貧困。教育的貧困の犯罪者は再犯率が高いのが特徴的です。

「親から何かを教わったことはない」「親と何かを一緒にしたという記憶はない」と語る犯罪者も多くいます。

犯罪者の家庭で共通する3つの特徴

刑務所に服役している犯罪者を調査したところ、犯罪者の家庭では3つの共通点が見られました。ここでは3つの共通点とそれぞれの特徴について紹介していきます。

繰り返される家庭内暴力

犯罪者の家庭で特に多いのが家庭内暴力です。幼少期から暴力に触れているため、暴力や人を傷つけることへのハードルが一般の人より低いのが特徴といえます。

犯罪者自身が暴力を受けていた場合はもちろん、父から母へのDVを目撃していただけでも何らかの影響を受けると言われています。

愛情不足

「教育的貧困」でも少し触れましたが、愛情不足や親の無関心も犯罪者の人格を形成する原因の一つと言われています。人が嫌がることを楽しんでしたり、人とのコミュニケーションが苦手であるなどが特徴です。

犯罪はもちろん、不登校や引きこもりがちになる傾向も見られます。

過度のストレス

頻繁に変化する家庭環境(離婚・再婚・引っ越しなど)に置かれていた子どもも将来犯罪に手を染める傾向が見られました。しかしこれは大人にとっても大変な出来事です。

子どもにとっては尚更のことショッキングな出来事で過度なストレスを感じてしまうこともあります。

こうしたストレスが原因となって犯罪へと手を染めてしまうこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://hidaka-mother.com/criminal-family-environment

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[単語]

1. ひき逃げ(ひきにげ):交通事故で人を死傷させてしまった際、必要な処置をせずにその場から逃げる行為のこと。

2. 極端(きょくたん):普通の程度から大きく外れていること。

3. DV:配偶者暴力。

4. 尚更(なおさら):ますます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

인쇄하기