제목   |  [4/20](法律)意味分かんない!世界の変な法律 작성일   |  2021-04-06 조회수   |  144

 

意味分かんない!世界の変な法律

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達が考える法律っていつも正しくて、正義の味方というイメージですよね?
しかし、世界には変すぎて意味不明な法律がたくさん存在していたのです!

豚にナポレオンと名付けるてはならない (フランス) 

これは現在でも有効な法律で、豚に「ナポレオン」という名前を付けると有罪になるそうです!やはりフランスにとってナポレオンは英雄以外のなにものでもないんですね!今ではほとんどのフランス人はこの法律を冗談だとみなしているそうで、現在でも有効と言ってももはや形骸化されてしまった法律だそうです。

そりゃそうなりますよね笑!そもそも豚に名前をつけること自体あまりないことですよね!

犬を一日三回散歩させないと罰金!(イタリア)

イタリアのトリノという都市では、犬を一日三回散歩させないと罰金500ユーロ取られるそうです!この法律ができた理由は、何十万匹の犬と猫が捨てられていてそれを予防するためなんだとか。確かにそれを改善するのは必要だけど、散歩するからといって捨てないという保証はないですよね。。。?

ファッションセンスの悪い男性は外出してはいけない (アメリカ・ニューヨーク州)

はい!?ファッションセンスが良い悪いは誰が決めることなんでしょうか。。。

ファッションの街NYは流石ですね!

雪男を殺してはいけない!(カナダ)

見たことないのでわかりませんけど雪女は殺してもいいんですかね。。。笑

むしろ殺人自体法律違反なので不思議な法律ですね!流石雪国!!

みなさんどうでしたでしょうか?まだまだ世界には不思議な法律がありそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:http://studystayaustralia.com/strangelawaroundtheworld/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[単語]

1. 形骸化(けいがいか):誕生・成立したときの意義が失われて、中身のない形だけのものになってしまうこと。 

2. 流石(さすが):評判や期待のとおりの事実を確認し、改めて感心するさまのこと。

3. 雪男(ゆきおとこ):雪深い山中にいると言われている人とも獣ともつかないUMA(未確認動物)の総称である。

 

 

 

 

인쇄하기