제목   |  [12/01]5000万円超で落札 長野県で製造のウイスキー 英のオークション 작성일   |  2023-11-23 조회수   |  21764

5000万円超で落札

長野県で製造のウイスキー 英のオークション

 

 

日本産のウイスキーが海外で人気となるなか、長野県で製造されたウイスキーがイギリスでオークションにかけられ、1本30万ポンド、日本円で5000万円を超える高値で落札されました。

オークション大手サザビーズはイギリスの首都ロンドンで17日、日本初のウイスキーの蒸溜所の建設が始まって100年になるのを記念して、希少な日本産ウイスキー271本を集めたオークションを行いました。

このうち、長野県にあった「軽井沢蒸留所」が製造した「軽井沢1960年」は1本30万ポンド、日本円で5500万円余りの高値で落札されました。

製造した蒸留所は閉鎖されたため、入手が困難だと希少性が高まっているほか、味わいも世界的に再評価されたことで高値で取り引きされる傾向が続いています。

今回出品されたウイスキーは52年かけて熟成され、2013年に41本のみ販売されたものだということです。

日本産ウイスキーは海外で高く評価され、人気となっています。去年はアメリカでのオークションで別の日本産ウイスキーが1本60万ドル、日本円でおよそ8900万円で落札されました。

サザビーズでウイスキー部門を担当するジョニー・ファウルさんは「特にコレクターにとっては、濃い色で、シェリー樽でしっかりと熟成したスタイルがとても人気だ」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231118/k10014261791000.html

 

인쇄하기