제목   |  [2/7]年齢別のウソのつき方 작성일   |  2022-01-21 조회수   |  1410

 

年齢別のウソのつき方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもはどのようにウソをついていくのでしょうか。年齢別に見ていきましょう。

0~2歳頃

赤ちゃんは「お腹が空いた」「オムツが気持ち悪い」などの自分の気持ちを、泣いて周囲に知らせます。6ヵ月頃になるとウソ泣きを始めますが、実はこれもウソの一種。「パパやママに構ってほしい」「そばに来てほしい」という理由からウソ泣きをするのです。

だんだんと話せるようになってくる2歳頃は、自分の世界と現実の世界を区別する認知力がまだ弱いため、ウソをついている自覚がないままウソをつくこともあります。想像や空想なら、あまり気にすることもないでしょう。

3~6歳

3歳を過ぎると、叱られたくない心理からウソをつくようになります。また「手を洗った?」の問いに「うん」と洗っていないのにウソをつくも。これは「見つからないだろう」という心理からですが、善悪の区別がつくということは知能が発達し、成長している証しともいえるでしょう。

 

子どもはどのようにウソをついていくのでしょうか。年齢別に見ていきましょう。

4歳を過ぎると、他人に負けたくないというプライドから「それ知っているよ」「私もできるよ」などウソをつくこともあります。自分と他人との違いに不安になっているためで、成長とともに自尊心が育っていけば減っていくでしょう。

小学生

小学生になるとウソだとわかってウソをつくようになります。「叱られたくない」「自分を守りたい」という心理からウソをつくのです。トラブルに巻き込まれたときなどは、親に心配をかけたくないためにウソをつくこともあります。

また自分のことをかまってほしいと思うときも、自分に注目させようとウソをつくのです。

中学生~高校生(思春期)

思春期の頃のウソは、小さな頃のウソと同じような心理もありますが、自分のプライドやプライバシーを守るためウソをつくようになります。また人間関係のトラブルから、親に心配をかけたくないと思いウソをつく場合もあるのです。

子どもがウソついたときのNG行動と対処法

【NG行動】

  • 頭ごなしに叱らない・怒鳴らない
  • 怖い言葉で脅さない
  • 理由を問い詰めない
  • すぐに謝罪させない

 

【対処法】

  • 子どもの話を聞き、なぜウソをついたのか理由を理解する
  • 親自身の言動を振り返ってみる
  • ウソをつくことはなぜ悪いかを理解させる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リンク:https://trilltrill.jp/articles/2351575

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

인쇄하기